• 背骨の豆知識
  • 専門病院の紹介
  • 最先端医療の情報
  • その他

Vol.1 背骨のかたち

Vol.2 背骨の役割①(支持性)

Vol.3 背骨の役割②(神経保護)

Vol.4 背骨の代表的な病気

Vol.5 背骨の病気 1. 椎間板ヘルニア

Vol.6 背骨の病気 1. 椎間板ヘルニア(続編)

 

人間の身体をまっすぐに立てるために背骨は 重要な役割を果たしています。つまり、背骨は 頭蓋骨を直接下から支えて、背中を通り、 腰から骨盤(こつばん)までを一本の棒のように なって支えています。
背骨はひとつひとつがバラバラの脊椎(せきつい)という骨でできています。頭蓋骨の下には首の脊椎(頸椎:けいつい)が7つ、その下には肋骨がついた背中の脊椎(胸椎:きょうつい)が12個、そしてさらに下にある腰の脊椎(腰椎:ようつい)が5つあります。5番目の腰椎の下には仙椎(せんつい)があって、この仙椎は骨盤(こつばん)の一部になっています。

 

図1.頭蓋骨や身体を支える背骨       図2.頸椎、胸椎、腰椎、仙椎

                  

 

 

ひとつひとつの脊椎は、図3aのように南京錠のような形をしています。南京錠の鍵の本体が脊椎の椎体(ついたい)、鍵の腕にあたるところが椎弓(ついきゅう)です(図3b)。たくさんの脊椎が頭から骨盤まで縦に並びますので、椎弓に囲まれた穴が筒のようになります。これを脊柱管(せきちゅうかん)と呼びます(図3c)。

 

図3.南京錠(a)、脊椎(頸椎)(b)、脊柱管(c)
 a.南京錠             b.脊椎(頸椎)    c.脊柱管(矢印)

 

 

 

 

図4a.靭帯、椎間板

脊椎はそれぞれが縦に並んで「柱」のようになりますので、脊柱(せきちゅう)と呼びます(全体を表す言葉ですので、「背骨」と呼んでもかまいません)。それぞれの脊椎は、ぐらぐらにならないように、靭帯(じんたい)という「すじ」(お互いを貼ってつなげるセロテープのようなものだと思って下さい)や椎間板(ついかんばん)という軟骨でつなげられています。左の図は脊椎どうしをつないでいる靭帯と椎間板を描いています。図の左側が「お腹側(前)」で、右側が「背中側(後ろ)」です。上下の脊椎の椎体はそのお腹側(前の方)が「縦靭帯:ぜんじゅうじんたい」というセロテープで、背中側(後ろの方)が「縦靭帯:こうじゅうじんたい」というセロテープでつなげられています。

 

 

4b. 後縦靭帯骨化症

「後縦靭帯骨化症:こうじゅうじんたいこっかしょう、OPLL」 という病気では、この「後縦靭帯」が「骨化(こっか):靭帯が骨に変ること」して、大きく膨らんできます。後縦靭帯は椎体の後ろで脊柱管の中にありますので、それが骨になって膨らむと、脊柱管が狭くなります。図で赤い部分が骨化した(骨になって膨らんだ)後縦靭帯で、青い部分が赤い部分に押されて狭くなった脊柱管です。脊柱管がこのように狭くなると、中にある神経が圧迫されて症状が出てきます。

 

 

椎間板は板状の軟骨で、上下の椎体をつないで、体重など背骨にかかる圧力を逃がす役割を果たしています(図4a)。椎間板は2重になっていて、体重などの力をよりうまく逃がせるようになっています。椎間板の中央にはゼリー状の柔らかい髄核(ずいかく)があり、その周りを線維輪(せんいりん)という硬い軟骨が被っています(図5)。ちょうど、アンコ(髄核)の入った「おまんじゅう」のようで、まんじゅうの皮が線維輪ということになります。ヘルニアでは、この中のアンコ(髄核)が外へ、脊柱管(せきちゅうかん)へ飛び出して症状が出ます。

5. 椎間板(髄核:ずいかく、線維輪:せんいりん)、まんじゅう(写真下)

 

これまで書いてきましたように、背骨には身体を支えるという重要な役割(支持性:しじせい)があります。この支持性が壊れてしまうと、身体を支えにくくなって、色々な症状(腰痛など)が出てきます。図6に背骨の支持性が壊れた(こわれた)状態をレントゲン像やCT像で示します。

 

6.背骨の支持性が壊れた状態


a. 側弯(そくわん)

上の図は背骨を正面から見たレントゲン像ですが、通常は真っ直ぐであるはずの背骨が曲がっています(黄色の線)。この状態を側弯と呼びます。曲がった背骨のために身体を支えることが「しんどく」なり「だるく重たい」「痛み」が出てきます。

 

 


b.圧迫骨折(あっぱくこっせつ)

この図では、椎体が圧迫骨折(あっぱくこっせつ)のため、つぶれてしまっています(黄色矢印)。つぶれた椎体の中には黒く写っている空気が入りこんでペコペコになってしまっています。このため、身体を支えるという背骨の役割を果たすことができず、強い痛みや不安定感を感じるようになります。脊柱管にある神経が圧迫されて、足の麻痺が出てくることもあります。

 

c.すべり症
椎体が矢印のように左下の方向にずれて(すべって)います。このため、不安定になり、腰痛を強く感じるようになります。また、脊椎がずれますので、上下の脊柱管もずれて、ずれた部分で脊柱管は狭くなります。このため、中にある神経が圧迫されて足のしびれや痛みを感じるようになります。

 

 

支持性の他にもうひとつある背骨の役割は、脳から始まって手足に向かっている神経の通り道を確保して、これを守ることにあります(神経保護)。脊椎が縦に並んだ背骨(脊柱:せきちゅう)の中には、筒のようになった脊柱管という穴があります。この脊柱管の中には頭蓋骨の脳から続いている脊髄(せきずい)という神経の塊(かたまり)が通っています。この脊髄は脳と同じく手足の動きの細かい調整など複雑な働きをする神経の塊で、脳と同じく中枢神経(ちゅうすうしんけい)と呼ばれています。

図7.脳と脊髄

 

 

脊髄は頭蓋骨を出て、頸椎(けいつい)やその下の胸椎(きょうつい)の脊柱管の中を通り、腰椎(ようつい)との境界の辺りまで延びています。そして、その先の腰椎になると、神経の塊である脊髄はばらけて、たくさんの神経の筋(すじ)(神経線維:しんけいせんい)になります。手術のときに、脊柱管の中を覗くと、たくさんの神経がばらばらと髪の毛のようになって並んでいるのがわかります。この髪の毛のような状態を「馬の尻尾」に例えて、馬尾(ばび)と呼んでいます。馬尾は神経の塊ではありませんので、脳からの命令を、電気のコードのように、単純に伝えるだけの役割を果たしています。このように命令や刺激を直接伝達するだけの神経を,末梢神経(まっしょうしんけい)と呼んでいます。末梢神経は、複雑な調整機能を持つ脊髄や脳のような中枢神経よりも構造が単純になっています。

図8.脊髄と馬尾

 

脊髄(せきずい)が通っている頸椎でも脊髄から神経根(しんけいこん)という末梢神経が枝を出して、それぞれの頸椎から腕や手に、胸椎からは肋間神経(ろっかんしんけい)に、そして腰椎からは足に、命令を伝えています。

図9.脊髄と神経根

 

 

   図10.コンピュータとコード   

 

脳や脊髄といった中枢神経は複雑な働きをするコンピューターに、神経根や馬尾といった末梢神経はコンピューターにつながっている電気のコードに例えることができます。当然、末梢神経(電気のコード)は中枢神経(コンピューター)より丈夫です。コンピューター(中枢神経)は一度つぶれると、修理が効きにくいのですが、電気のコード(末梢神経)は丈夫であまりつぶれません。神経根が圧迫されて症状がでる神経根症(しんけいこんしょう)は、手術をしなくても治ることが多いのですが、脊髄が圧迫されておこる脊髄症(せきずいしょう)では、コンピューターがつぶれてしまうと取り返しがつかないので、早い時期に手術をして圧迫をとる必要があります。

 

 

1)ヘルニア

図11. ヘルニア

ヘルニア-髄核が脊柱管の方向へ漏れ出している

a. 赤く塗った髄核が後ろの脊柱管の方向へ漏れ出している

ヘルニアのMRI

b.ヘルニア(矢印)のMRI

 

椎間板の中の髄核(ずいかく)が、まわりを囲んでいる線維輪(せんいりん)を破って、脊柱管の中へ出てくる状態をヘルニアといいます。脊柱管の中には脊髄(せきずい)や神経根(しんけいこん)、馬尾(ばび)が入っていますので、これらの神経が傷められて、腕や足の痛み・しびれ・麻痺が出ます。髄核が線維輪を破る一番最初の時期には、頸椎椎間板ヘルニアでは首から肩甲骨(けんこうこつ)にかけての辺りが痛くなります。また、腰椎椎間板ヘルニアでは腰からおしりにかけて痛くなります。髄核が脊柱管の中へ出てしまうと、中にある神経根や脊髄、馬尾が刺激されて、手足のしびれ・痛み・麻痺が出てきます。

 

 

2)狭窄症(きょうさくしょう)

図12. 南京錠(a)とMRI(正常:b、狭窄症:c)

南京錠

a.南京錠

正常の脊柱管MRI

b.正常の脊柱管(矢印) (MRI)

狭窄症の脊柱管MRI

c.狭窄症の脊柱管(矢印) (MRI)

 

 背骨に年齢的な変化が強くなってくる(変形性脊椎症:へんけいせいせきついしょう)と、脊柱管が、正常(図12b)よりも狭くなってきます(図12c)。脊柱管が狭くなると、その中にある神経が圧迫されるようになってきます。腰椎で脊柱管の中の馬尾(ばび)が圧迫されるようになると、立って歩くと足にしびれが出てつらくなり、坐ったり前かがみになって休憩すると楽になり、また、歩くことができるようになるといった症状が出てきます。これを間欠跛行(かんけつはこう)と呼びます。「跛行(はこう)」とは「歩きにくい状態」のことで、「間欠(かんけつ)」とは間欠温泉のように、「ときどき出てくる」ということですので、「いつもじゃないけど、歩いているとだんだんしびれて歩きにくくなり、休むと楽になってまた歩けるようになる」状態を意味しています。

「狭窄症」と言えば、普通には、腰椎(ようつい)におきる「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」のことを指します。しかし、狭窄症は脊椎の他の部位、とくに頸椎にも発生します。頸椎で発生する場合には、頸椎の脊柱管にある脊髄(せきずい)や神経根(しんけいこん)が圧迫されて症状が出ます。脊髄が圧迫されると手足に麻痺(まひ)が出て動かしにくくなります。神経根(しんけいこん)が圧迫されると、腕や手のしびれ、痛みが出ます。 

 

 

図13. アルミ缶の凹みを手を開いて戻す(手術で症状を良くする)

狭窄

a.アルミ缶を握る(狭窄)

手術をする

b.手を離す(手術をする)
(良くなるが凹みは少し残る)

凹んだままのアルミ缶

c.凹んだままのアルミ缶
(症状がひどいと治り難い)

 

このような状態は、アルミ缶などを手で握りつぶしているような状態に例えることができます(図13a)。手を脊柱管(せきちゅうかん)の壁、つぶされているアルミ缶を神経(脊髄、神経根、馬尾)と思って下さい。手術のときには、この握っている手(脊柱管)を開くことになります(図13b)。図13bのように、ある程度のアルミ缶の凹みなら手を離すことで元に戻りますが、それでも凹みの強かったところは残ってしまいます。手術をしても(手を離しても)症状は(凹みは)一部で残るということです(新品のアルミ缶に比べて凹みは一部で残っています)。図13cのように、アルミ缶がもっと強い力でグチャッとつぶされてしまいますと(神経が完全に傷んでしまって、症状がひどくなりすぎると)、いくら手を離しても(手術をしても)、アルミ缶は強く凹んだままで残ってしまいます(症状は大きく残ってしまいます)。このように「狭窄症」の症状に対して手術を考える場合には、手術で得になることと、残ってしまう症状のことについて理解しておく必要があります。どんなに最新の手術であっても、そしてどんな素晴らしい医者に手術をしてもらっても、新品の完璧なアルミ缶には戻りません。

 

 

今回からは、「せぼねの病気」について順番に説明します。まずは、「椎間板ヘルニア」についてです。

 

1)椎間板のかたちと役割についての「おさらい」

以前に、「せぼねの豆知識」で「せぼね」の中にある「椎間板」について説明しましたが、今回は「椎間板ヘルニア」の本題に入る前に、「椎間板」のおさらいをします。
「せきつい(脊椎)」(図1b)はひとつひとつが南京錠(図1a)のような形をしていて、これが図1cのように縦に並ぶことで柱のようになり、「せきちゅう(脊柱)」(図1c)を形づくります。これが、わたしたちの身体の軸の中心にあって身体を支えている「せぼね」です。

 

図1.南京錠(a)、脊椎(頸椎)(b)、脊柱管(c)
a.南京錠 
5_image1a
b.脊椎(頸椎)
5_image1b
c.脊柱
5_image1c
「せきちゅう(脊柱)」を横から見ると図2(下図)のようになっていて、一つ一つの「せきつい(脊椎)」が「じんたい(靭帯)」や「ついかんばん(椎間板)」でつながっています。

 

図2 脊柱(脊椎、靭帯そして椎間板)
5_image2
「ついかんばん(椎間板)」は図2のように板状の「なんこつ(軟骨)」で、上下の「せきつい(脊椎)」をつないでいます。「なんこつ(軟骨)」は柔らかいので、クッションや枕のように、「せぼね」にかかる強い力を逃してあ げる役割を果たしています。椎間板の中は2重になっていて「ずいかく(髄核)」という柔らかいゼリー状の物質とその周りを囲んでいる比較的硬い「せんいりん(線維輪)」という軟骨からできています(図3)。椎間板は、ちょうど図4の「おまんじゅう」のように、ゼリー状で柔らかいアンコ(髄核)の中身が硬いまんじゅうの皮(線維輪)に囲まれているのと同じです(図4)。

 

図3 椎間板(髄核:ずいかく、線維輪:せんいりん)
5_image3
図4 まんじゅう
5_image4

 

2)ヘルニア

「ヘルニア」という言葉は、 医学用語で「穴から中身が出てくる(脱出する)」状態を意味しています。「だっちょう(脱腸)」という病気は「そけいヘルニア」とも呼びます。お腹の中の腸が「そけい部」を通って外へ出てくる(脱出する)状態を意味しますので、やはりこの状態は「そけい(部の)ヘルニア」という病名になりますね(図5)。

図5 そけいヘルニア
5_image5

 

図6 椎間板ヘルニア
5_image6aa.ヘルニアの図
5_image6bb.CT(造影剤がヘルニアに沿って流れている)
5_image6cc.MRI(ヘルニア)

 

椎間板ヘルニアは、図6のように椎間板の中の「ずいかく(髄核)」が「せんいりん(線維輪)」を破って外へ出てくる(脱出する)状態を意味します。図6bは髄核に造影剤を入れた後に撮影したCTで、ヘルニアに沿って造影剤が漏れ出ています(矢印)。図6cは同じ患者さんのMRIでヘルニアが向って右の黄色矢印の先にころんとした丸形としてみられます。 このヘルニアがあるため、図6cの患者さんの「せきずい(脊髄)」は圧迫されて凹んでいます(図6c黒枠白矢印)。 「おまんじゅう」に例えるならば、「おまんじゅう」(椎間板)が指で押されて中の「あんこ」(髄核)が「皮」(線維輪)を破って飛び出してきたようなものと言うことができます(図7)。

 

図7 椎間板とまんじゅう
5_image7

 

3)椎間板ヘルニアの症状

①首・肩甲骨や腰・お尻の痛み
ヘルニアでは「ずいかく(髄核)」が「せんいりん(線維輪)」を破って外へ出てきますので、線維輪、つまり「おまんじゅう」の「皮」が破れるための「痛み」を強く感じます。「けいつい(頚椎)」の場合、この「痛み」は「けんこうこつ(肩甲骨)」の辺りに出てきます。「ようつい(腰椎)」では、腰あるいはお尻の辺りに出てきます。
②手や足へひびく痛み(ほうさんつう:放散痛)
「せんいりん(線維輪)」が破れた後には、その穴を通って「ずいかく(髄核)」が椎間板の外に脱出します。この脱出した「ずいかく(髄核)」を「ヘルニア」と言います(図6)。脱出した髄核は、椎間板のすぐ後ろにある神経(「せきずい:脊髄」や「しんけいこん:神経根」)を圧迫することになってしまいます(図6,9)。神経が圧迫されるため、首であればヘルニアの場所から手の先へ行っている神経(神経根)が押さえられ、腰であれば足先に行っている神経(神経根)が押さえられて、手や足に鋭い痛みが走ります(図8)。これを「ほうさんつう(放散痛)」と呼びます。

 

図8 ヘルニアによる腕や足への痛み(放散痛)
5_image8a5_image8b
この痛みは強く、夜中に眠れなかったり、じっとしていられなかったり、大人が七転八倒するほど激しいこともあります。このように足先へ行っている神経が圧迫されるために足へひびく痛みを「ざこつしんけいつう(坐骨神経痛)」と呼んでいます。

 

図9 椎間板ヘルニアと神経根
5_image9

 

③麻痺(まひ)症状
神経がヘルニアに圧迫されるため、その神経が行く先の手や足に麻痺(まひ)が出現します。軽い場合は、手指・腕・足先・すね・膝などの「しびれ」ですが、ひどくなると触った感じが解らなくなったり、手指・肘・肩・足先・足首・膝・股関節に力が入りにくくなったり、動かなくなったりします。
もっとひどいときには、肛門や膀胱に行っている神経も麻痺(まひ)するため、小便や大便の機能が麻痺してしまうこともあります。

 

4)首と腰のヘルニアの違い

首のヘルニア、つまり「けいついついかんばんへるにあ(頚椎椎間板ヘルニア)」では首から肩甲骨にかけての痛みに始まって、手先や腕のしびれや痛みが出現し、ひどいときには手や肩・肘の麻痺へと症状が進展します。また、手に行っている神経根だけではなく、「せきずい(脊髄)」も圧迫されますので、脊髄の中にある足へ行っている神経も麻痺(まひ)して(図6c)、足も動きにくく、つまり、歩きにくくなることもあります。
腰のヘルニア、つまり「ようついついかんばんへるにあ(腰椎椎間板ヘルニア)」では、腰からお尻にかけての痛みに始まって、足先やすねのしびれや痛みが出現し、ひどいときには足先や足首・膝などの麻痺、さらにひどいときには小便や大便の障害まで出てくることもあります。

以上が、椎間板ヘルニアについての説明です。こうやってきちんと説明してしまいますと、やっぱり大変な病気であるということが良く解るわけですが、多くのヘルニアは手術を受けなくても良くなる可能性が高い病気です。説明では悪いことをいっぱいお話していますが、めげないようにして下さい。
次回では、椎間板ヘルニアになってしまっても、その後の経過はわりあい良いことが多いことや、どうしても手術を受けなければならなくなっても、その結果はわりあい良いことなどについて説明します。今回の説明だけで暗い気分になってしまわず、次の楽しいお話をご期待下さい。

 

 

前回は、椎間板ヘルニアがどんな病気でどのような症状が出てくるのかということを説明しましたが、今回は椎間板ヘルニアの症状の経過について説明し、その後、保存的治療についても説明します。

 

5)椎間板ヘルニアの予後(経過)

「予後(よご)」という言葉をお医者さんはよく使います。「予後(よご)」というのは、その病気のこれから以後の経過のことを意味します。「癌(ガン)」の「予後(よご)」は一般的に言って悪いものです。例え手術で取り去ったと思っていても、その場所で再発したり、他の場所に転移(てんい)したりして、どんどん患者さんの身体をより悪い(最悪、亡くなる)状態へと連れて行ってしまいます。でも、「良性(りょうせい)腫瘍」の「予後(よご)」はだいたい良く、手術で摘出(てきしゅつ)さえすれば、完全になくなって、それ以上の悪さはしません。このように、病気はその種類によって、「予後(よご)」の良いものと悪いものがあります。放っておけば「予後(よご)」が悪いはずの病気でも、手術や薬で、「予後(よご)」が良くなる(治る)病気もあります。
さて、「椎間板ヘルニア」の「予後(よご)」はどうでしょうか?「椎間板ヘルニア」は、前回説明しましたように、椎間板の髄核(ずいかく)(まんじゅうのアンコ)が飛び出してきて、神経根を圧迫しますので、腕や足にすごい「痛み」が走るし、「しびれる」し、泣きそうになるほど「いやな」病気です。

 

ただ、多くの「椎間板ヘルニア」の「予後」は良いと言われています。この「椎間板ヘルニア」のわりと良い「予後」について説明することにします。

 
a.椎間板ヘルニアは吸収されることがあります
下の図のように、椎間板の髄核(ずいかく)(まんじゅうのアンコ)はヘルニアになるまでは(正常では)周りを線維輪(せんいりん)という硬い軟骨におおわれています。

 
図.髄核(ずいかく:アンコ)と線維輪(せんいりん:まんじゅうの皮)
ヘルニアになると、下の図のようにその髄核(ずいかく)(まんじゅうのアンコ)が線維輪(せんいりん)(まんじゅうの皮)を破って出てきます。それまで線維輪(せんいりん)(まんじゅうの皮)で保護されていた髄核(ずいかく)(アンコ)が厳しい外の世界にさらされることになります。このように、突然、殻を破って出現した髄核(ずいかく)(アンコ)を邪魔者と思って、みなさんの身体にいる白血球が髄核(ずいかく)(アンコ)のところへ、アリが餌にたかるように集まってきて、掃除しようとします。白血球が外界から侵入した「ばい菌」を掃除しようとするのと同じことです。

線維輪を破って髄核が脱出している

白血球によるばい菌や髄核の掃除
白血球が「ばい菌」を掃除するのと同じように白血球が「髄核(ずいかく)」(アンコ)を掃除しようと集まるので、「髄核(ずいかく)」が掃除されて消える、あるいは小さくなることもあります。

左図矢印は脱出した大きいヘルニアで、右図矢印はその後吸収されて小さくなった同じ人のヘルニア

 
b.椎間板ヘルニアによる神経根症
脱出した髄核(ずいかく)は後ろにある神経根(しんけいこん)や脊髄(せきずい)などの神経を圧迫します。このため、腕や足が痛くなったり、しびれたりします。脊髄(せきずい)は神経線維の塊(かたまり)で、複雑に入り組んだ神経のネットワークでできていますので、脳と同じように電気回路が複雑に入り組んだ「コンピューター」に例えることができます。一方、神経根(しんけいこん)はそこから腕や足に命令を伝えるだけの電気の「コード」のようなもので、その構造はあまり複雑ではありません。

ヘルニアになるということは、足(髄核:ずいかく)で「コンピューター(脊髄:せきずい)」か「コード(神経根:しんけいこん)」を踏まれるようなものだと思います。「コンピューター(脊髄:せきずい)」は踏まれると潰れてしまって、取り返しのつかない状態になってしまいますが、「コード(神経根:しんけいこん)」はちょっとくらい踏まれても大丈夫です。踏まれたときはさすがに痛いし、大変ですが、潰れ(つぶれ)にくいですし、うまく足の裏から滑り出すこともあります。

 
c. 椎間板ヘルニアがあっても症状が良くなる理由
ヘルニアになって神経根(しんけいこん)が圧迫されても(足に電気のコードが踏まれても)、余裕があれば、神経根(しんけいこん:電気のコード)は足裏から逃げることができます。


図.コードが足裏から離れました
あるいは、あなた(神経根:しんけいこん)がエレベーターに乗っていて、そこへ、扉が開いて、小錦(こにしき:ヘルニア)が入ってきたとしましょう。最初は小錦にぶつかられて、すごく痛いのですが、エレベーターに余裕があれば、あなた(神経根:しんけいこん)は小錦(ヘルニア)から離れることができて、もう痛くなくなりますよね。

図.小錦がエレベーターに入ってくると・・・

 
d.予後の悪い椎間板ヘルニアは?

このようにして、ヘルニアになると、すごく痛かったり、しびれたりで、うっとうしいのですが、ヘルニアが吸収されてなくなったり、小さくなったりして、あるいは、神経根はあまり潰れずに、うまくヘルニアから逃げることで、症状は良くなって治ることが多いのです。だから、手術でヘルニアを取り除かなくても、「治る(症状が軽くなる、あるいは無くなる)」可能性があるので、「保存的治療」の意味はあることになります。

ただし、「予後の悪い」つまり放っておけば、もっと悪くなったり、取り返しのつかない状態になってしまうヘルニアもありますので、注意が必要です(何でもかんでも手術をしないで様子をみるのが良いとは限りません)。

脊髄(せきずい)(コンピューター)が圧迫されて傷んできているヘルニアでは、潰れてしまうので、その前に手術をした方が良い場合が多くなります。神経根(しんけいこん:電気のコード)が押されている場合は、大部分の予後(よご)は良いのですが、足に力が入りにくい場合、つまり、電気のコードが傷んで潰れてきている場合には、放っておくと電気のコードが切れてしまいますので、手術が必要です。また、足の症状だけではなく、「おしっこ」や「うんこ」の症状、「ちんちん」や「おしりの穴」の辺りの「しびれ」などの症状が出てきたときは、すぐにでも手術をしなければなりません。これらの膀胱や肛門、「ちんちん」に行っている神経は傷みやすく、回復しにくいからです。

また、以上のように神経が傷んでいなくても、何度も痛みの発作を繰り返している場合には、次にもまた症状を繰り返す可能性が高いので、手術を考えても良いかと思います。

 

6)椎間板ヘルニアの保存的治療とその効果

椎間板ヘルニアの保存的治療法(手術ではない治療法)には、色々な種類があります。これらの治療法の中から、医者は、患者さんに合った方法を選んで行きます。多くのヘルニアの予後(よご)は良いので、慌てて手術を最初から選ぶことはありません。

このような保存的治療について説明しますと、必ず、「どうせ、保存的に治療してもヘルニアをなくす治療ではないから、一時的な気休めになってるだけでしょ。」という質問を受けます。「ヘルニアの予後」でも書きましたが、「ヘルニア」の多くは手術によって「ヘルニアをなく」さなくても、保存的治療だけでも良くなります。

また、手術で「ヘルニア」を「なくす」ためには、身体の一部を必ず傷めなければならなりません。手術で「ヘルニア」の所へ到達するには色々な脊椎(せきつい)の骨・筋肉・靭帯を削ったり潰したりしながら進んで行きます。ヘルニアの所に着くと、ヘルニアだけでなく椎間板の中のヘルニアの「もと」になっているあんこ(髄核)も傷めながら取り去ります。つまり「ヘルニア」を「なくす」ため、身体の一部を必ず潰します。これは「内視鏡」でも「レーザー」でも、程度に「差」があるだけで、傷めることに変わりありません。

もちろん、一部の「ヘルニア」(脊髄(せきずい)が圧迫されて脊髄症(せきずいしょう)になっているもの、足や手に麻痺(まひ)が出て、力が入りにくくなっているもの、おしっこやうんこの症状が出てきたもの、痛くて七転八倒し続けているものなど)は、放っておくことができませんので、手術を選択します。

このあたりのニュアンス、とくに手術をしなくても何とか治らせてしまう方法(保存的治療)について説明します。だいたい、以下の順番で治療方法を選択しながら、最も効く方法を探っていくのです。

 
①薬物治療

消炎鎮痛剤などの薬により、ヘルニアの痛みを抑えてヘルニアが吸収されたり、神経が逃げることを期待する治療法です。それぞれの薬にはそれぞれに副作用(本来の作用以外に身体に及ぼす悪い作用)の可能性がありますが、うまく副作用を最小限にして本来の良い作用を引き出すことは可能です。最近ではこれらの消炎鎮痛剤による胃潰瘍(いかいよう)や腎臓障害(じんぞんしょうがい)を避けるため、痛みを感じる神経の働きを少し抑えることで効果を期待する薬など、別の作用を持った薬も処方されるようになっています。ただ、こういった薬であっても、やはり副作用はありますので、そのことについて、処方してくれている医師によく説明してもらうようにした方が良いと思います。

 
②安静

よく「ヘルニア」を治療するには、「運動」をした方が良いのでは?と尋ねられることがあります。しかし、神経をグリグリと圧迫している「ヘルニア」のある状態で「運動」をすれば、「運動」による「動き」がかえって「ヘルニア」を強く刺激して、圧迫は強くなってしまいます。骨折をおこした腕を動かせばよけいに痛くなりますし、火傷をおこした部分を叩いたり動かせば、よけいに痛くなったり腫れたりしますよね。こういった炎症を起こした病気にかかった場合は、できるだけ安静にして炎症の「嵐」が収まってくるのを待たなければなりません。「風邪」」くらいの炎症であれば「運動」も良いかもしれませんが、もっとひどい状態である「肺炎」になったら、入院して「安静」した方が良いでしょう。何でもかんでも「運動」が良いわけではありません。「嵐」が強い間はそっとしておくべきです。

 
③骨盤牽引、神戸まくら

無理にでも腰椎を安静にさせてヘルニアを鎮静化させるため、「骨盤牽引」をすることが有効な場合があります。この「骨盤牽引」では、仰向けで膝と股関節を少し曲げ、腰も少し曲げた姿勢をとります。ヘルニアの患者さんは身体をまっすぐにして仰向けに寝ると神経が引っ張られて緊張し、ヘルニアに圧迫されるための痛みが増してしまいます。なので、こういう足や腰を曲げた姿勢で骨盤牽引をします。より大きい効果を得るためには、入院してこの姿勢でほとんど四六時中いることが良いと思います。仰向けで寝る姿勢はこの姿勢が楽なのですが、実際、横向きの姿勢で寝転び、腰を曲げ膝を抱え込むようにして丸まって、痛みを和らげていることが多いようです。炎症の強い間は、痛みを軽くして安静にして「嵐」の過ぎ去るのを待ちます。

骨盤牽引の姿勢
頚椎のヘルニアの場合は、同じ安静でもこのように頭を挙げて頚椎を屈曲した位置に保って安静にします。「神戸まくら」はこの姿勢を保つために有用な道具です。腰のヘルニアも頚のヘルニアも基本は曲げた姿勢で安静にすることになります。

神戸まくら使用時の姿勢

 
④ブロック治療

ヘルニアの出ているところやヘルニアに圧迫されてひいひい苦しんでいる神経根(しんけいこん)の場所へ、直接、炎症や痛みを抑える薬を注入する治療法です。飲み薬では、口から入って消化管で吸収されて、血液の中を流れて、やっと患部に薬がやってきますが、ブロックだと、注射針を介して、直接薬が神経の所へ配達されます。ブロックには、硬膜外ブロック、その一種である仙骨ブロック、神経根ブロックなどがあります。それぞれ、身体のどの部位に注射針を入れるのかによって名前がついています。飲み薬よりは手間が複雑なので、副作用などの可能性も飲み薬よりも高くなりますが、薬が直接、患部に集まりますので、飲み薬より効果的なことが多いのです。他の保存的治療法と同じく、炎症や痛みをブロックで軽減させながら、ヘルニアが縮んだり神経が逃げて治ってしまうを期待しています。有効な場合は、1回の注射だけで良くなってしまうこともあります。

 

 
⑤その他

整体による治療は「ヘルニア」がある場合には、絶対にしてはいけません。強い力をせきつい:脊椎に加えると、「ヘルニア」で出てきた髄核(ずいかく:アンコ)がよけいに暴れたり、強く脱出したりして、ろくでもないことになりかねないです。決して、このような明らかな「ヘルニア」のある中途半端な段階で運動療法や整体などの強い力を加える治療はしてはいけません。

 
[保存的治療の成績]

以下に入院して保存的治療を行った腰椎椎間板ヘルニアの患者さんのその後の経過について説明します。外来での診察で、患者さんが「入院させて下さい。」と言ったり、医者が「入院しますか?」と尋ねると「はい。もうかなわんから入院します。」と言われた方たちのことです。入院しようと思うくらいですので、それなりに痛かったヘルニアの患者さんたちです。

みなさんに入院していただいて、保存的治療だけを行い、その結果、症状が良くなったので、手術を受けずに帰宅されました。帰宅後は普通の日常生活に戻られています。この患者さんたちに退院してから5年後、この5年間での痛みの状態について尋ねました。

 
患者さんの数は66人です。入院のうえ、骨盤牽引、硬膜外ブロック法、神経根ブロックなどを行いました。入院の期間は平均17.3日です。退院時には全員の症状が軽くなり元の日常生活に戻っておられます。

退院後5年の間に、症状が全く無く、どうもなかった方は11人(17%)(優)でした。症状が少しあったことがありましたが、生活には何も支障が無かった方は31人(47%)(良)でした。つまり、入院するほど痛かったヘルニアの方のうち、64%と半数以上の方が退院してから5年間、生活に支障なく良くなっていました。12人(18%)の方は、退院後の5年間に一時的に症状が出て生活に支障があった時期のある方(可)でした。しかし、これらの方たちも、ずっと生活に支障があった訳ではなく、これらの症状は一時的なものですんていたようです。つまり、計82%の方は、手術まで考える必要はありませんでした。経過中にどうしても悪くなって、手術をしなければならなかった方は12人(18%)(不可)でした。

この結果は、痛くて入院された患者さんだけのお話です。外来で薬だけで様子をみることのできた、症状が比較的軽い方たちも入れてヘルニアを全体としてみれば、保存治療だけで良くなる方の数はもっと多いと思います。大事なことは、結構痛いヘルニアでも、うまく治って手術までしなくても良くなることが多いということです。

 

次は、椎間板ヘルニアの手術治療について、説明する予定です。できるだけ、みなさんに解りやすく、繰り返しになってもきちんと説明することを心がけたいと考えています。